子供の視力低下のサインを見逃していないか?

子供の視力低下のサインを見逃していないか?

子供の視力低下はとても早いものです。この予兆をできるだけ早く察知し、アイトレーニングに取り組む事で回復の可能性が高くになります。

 

視力低下のサインとは?

子供の視力低下は早くてビックリ

小学生になると新学期の春に視力検眼があります。ま!いわゆる子供の視力検査です。

 

この時に、子供に視力低下に気が付いて、ビックリする親はとても多いです。

 

それもそのはずです。学校では視力検眼は1年に1回しかおこないませんが、子供の視力が悪なる時は、その周期よりもかなり早いスピードで低下するからです。

 

子供の視力低下、近視の症状は一気に進む事が多く、日ごろから親が気にかけていないと手遅れになる事もあるのです。

 

本来であれば、検眼は1年に2回は最低必要とも言えます。しかし、税金を使っての検眼では、そうもいかないのでしょう。

 

そこで、、親がしっかりと子供の事を見てあげる事が大事になります。

子供の視力低下のサインとは?

子供の仕草や行動、日常において見逃してはいけない事は?

 

目を細めて見ている

この目を細めるのは、目が悪い人の特徴ですね。遠くを見る時に、ピントがあっていないので自然と目を細める事で調整しようとしているのです。

 

これなどは、一番解りやすいサインなので、見逃さずにおきましょう。

 

目を細めれば見えるからと言って、軽く考えてはダメですね。これはどんどん低下していく傾向なのでここで改善する必要があります。

 

勉強の時など、顔が机に近すぎる

勉強だけではないですが、本を読むとき、もしくはゲームをやる時など、極端に顔と近づけ過ぎている事はないですか?

 

これも解りやすいサインです。

 

視力低下によって、近づいている可能性が高いです。単なる姿勢が悪いとは思わずに、視力低下の可能性も考える必要があります。

 

この時に、姿勢を良くしなさい!と言ってみて、目を細めたり、見難そうであれば視力低下が進んでいるので、早々に目のトレーニングをおこなうべきです。

 

目を良くこすっている

目をこする原因は単純に目がかゆいや、ゴミが目に入ったなどもあります。しかし、目の筋肉が軽い痙攣によるものなどがあります。

 

それは、ゲームなどを長時間やる事で、毛様体筋と言う目の筋肉が慢性的な緊張で疲れてきます。

 

そして、目に筋肉が軽い痙攣状態になり目に違和感を感じるのです。

 

目の緊張状態が続けば視力低下の原因になります。

 

会話中に相手の顔を見ないで話す

話しをする時は、相手の眼を見て!とは良く言いますが、集中力がなくて見てないとは限りません。

 

もしかするとすでに視力が低下して、ぼんやりしか見えない為に見ないのかも知れません。

 

見ない習慣が付いてしまったのです。

 

知っている人に会っても挨拶をしなかったり、笑顔で返さなかったり、顔に気が付かなかったりなどは注意が必要です。

 

漢字の書き取りなどが苦手てある

漢字の書き取りが苦手とは、漢字自体が苦手ではなく、マスの中や罫線の間にちゃんと書けない子です。

 

書き取りが苦手かな?と思ったら注意しておきましょう。

子供の視力は親が守りましょう

子供は目が見えていれば目が悪くなったとは気が付かない子供もいます。

 

特に小さな子供は、視力が低下していても、見えているから悪くなったとは思わないのです。

 

つまり、本人も気が付かない事もあるのです。

 

しっかりと親が気を付けてあげましょう。

 

また、視力が低下した時には、出来るだけ早く視力回復トレーニングのアイトレーニングで視力回復に取りかかりましょう。

 


》1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法《